さまざま種類があるハチミツ【健康維持に最適】

お箸

蜂が集める花の蜜

食器

種類と利用方法

ハチミツは全部同じように見えますが、実はたくさんの種類があり味や見た目が異なります。花の種類、集める季節、花が咲いているエリアによって、様々な種類があるのです。ハチミツの代表的なものとしては、レンゲハチミツが挙げられます。毎年、5〜6月ごろにレンゲの花から採取されたもので、ふんわりと花の良い香りがします。癖がなく上品な味なので誰にでも好まれる味です。コクがあるので煮物や煮魚の隠し味として利用できます。また、肉を柔らかくする効果があるので肉料理にも最適です。また、ヨーグルトに混ぜたりパンに塗ったりしても美味しく食べることができます。レンゲの次にポピュラーなものはアカシアハチミツで、レンゲよりも甘みが少なくサッパリした味をしています。淡白な味なのでハチミツの甘さが苦手な方におススメメです。アカシアハチミツは、気温が低くても固まらないので、トーストしたパンに塗ったり、栄養ドリンクに混ぜたりして一年を通して楽しむことができます。また、ホットケーキやお菓作りにも向いています。にも最適です。東北地方に生えているトチの木からは、トチハチミツを採取できます。トチハチミツは、上品な甘さが特徴で、野菜の煮物や煮魚などの甘味料として最適です。果物や野菜を使ったジュースに混ぜると飲みやすくなります。ハチミツはこの他に、そば、ミカン、クローバーなどたくさんの種類があります。ハチミツの味や特徴を上手に利用すれば、料理のレパートリーを更に広げることができます。